フェレットの繁殖|発情期・交尾・妊娠期間・出産・育児

一般的にペットショップからお迎えしたフェレットは、臭腺除去手術と去勢手術がされています。

何故ならフェレットの繁殖は個人では難しく、成功しても全ての子フェレットに臭腺除去と去勢の手術をしなければならない為コストもかかるからです。繁殖するにはどういったことが問題なのか、繁殖を成功させる為にはどうすれば良いのか、紹介していきます。

 

 

フェレットの繁殖・発情期

臭腺除去、去勢手術を既にされているフェレットはスーパーフェレットと呼ばれ、反対にそういった手術をされておらず繁殖可能なフェレットのことをノーマルフェレットと呼びます。

ノーマルフェレットは、雄は生後8ヶ月〜12ヶ月頃雌は生後7ヶ月〜10ヶ月頃には繁殖可能になります。

 

発情には季節も関係しており、3月〜8月頃に発情期を迎え、繁殖可能になります。

発情のサインは雄と雌では違います。

 

まず雄は攻撃的になり、おしっこを飛ばすマーキング行動が見られます。

対して雌は外陰部が赤色になり、腫れあがったように見えます。

 

毛の色が少し変わったり、手触りが脂っぽくベタベタしたり、フェレット特有の匂いがきつくなるのは雄雌どちらにも見られる特徴です。

問題なのは雌の発情で、放っておくと死に至る危険があることを知っておかなければいけません。

 

雌は発情することでホルモンのバランスが変わり、血中の赤血球や白血球の数が減っていきます。

発情してから1ヶ月以内に排卵を誘発させるホルモンの注射をするか交尾させなければ、骨髄から血液を作り出す機能が正常に行われず、結果的に再生不良性貧血などにより死んでしまうケースも珍しくないのです。

 

スポンサーリンク

 

フェレットの交尾

発情期はとてもデリケートです。必要以上にゲージに近寄らないようにしましょう。

雄のゲージに雌を入れて、様子を見ます。もし相性が悪かったり興奮しすぎていたりすれば、お互いに攻撃してしまうことがあるようです。

 

時間をおいて再チャレンジしてみるか、相手を変える方がいいでしょう。

マウンティングして平均1時間、長ければ3時間かかることもあります。

 

フェレットの交尾は長いのでそっと見守りましょう。

無事受精すれば14日ほどで雌のお腹にくるみ位のしこりができます。

 

そっと触って確認してみて下さい。1ヶ月以上経っても変化が無ければ受精していないということになります。

雌は再度交尾が可能なら、外陰部がもう一度大きく腫れたようになり発情は続きます。

 

 

フェレットの妊娠期間

フェレットの妊娠期間は約42日間です。

一緒に飼っている他のフェレットがいるなら、その期間はできるだけゲージを分けて静かに過ごしましょう。

 

フェレットは外部からのストレスで産まれてきた子供に攻撃することがあります。

無闇に触ったり巣箱に手を入れないように気をつけて下さい。

 

妊娠期間は餌や水をいつも以上に必要とします。

出産1週間前になると食べる量は2倍に増え、高タンパクで高脂肪ものを必要としますので、少し工夫しましょう。人間用のベビーフードで市販の鶏肉が入ったものを一緒に与えると良いようです。

 

出産は明け方が多く12時間位かかりますが、もし24時間経っても終わっていなければ自力で出産できない状態の為、すぐに病院へ連れて行きましょう。

 

 

フェレットの出産

フェレットは一度に約8匹の子供を出産します。多い時には13匹ということもあり、母フェレットは大変です。

赤ちゃんは膜に入ったまま産まれてきます。

 

通常なら母フェレットは膜を破り、臍の緒をちぎって赤ちゃんを舐めてやります。

もし母フェレットが世話をしなかった場合は、そっと離れて見守っていた飼い主さんの出番です。

 

手袋をして膜を破り、赤ちゃんの鼻と口の中に詰まった羊水を吸い出してあげなければいけません。

臍の緒は赤ちゃんから2センチ程離して縛り、母フェレット側からも2センチの所を清潔なハサミで切って下さい。

 

赤ちゃんを全て産むと、胎盤を出して母フェレットが食べてしまいますが、栄養のあるミルクを出す為なので心配はいりません。

胎盤を食べることが合図となり、おっぱいが出始めるのです。

 

スポンサーリンク

 

フェレットの産後

出産が終わると母フェレットは体の下に赤ちゃんを入れて温めようとします。

赤ちゃんは親指ほどの大きさで、産毛もあまり生えておらず、ほぼ丸裸で温度の変化に弱いからです。

 

もし死産だった赤ちゃんがいれば、様子を見てそっと取り上げて下さい。その際にも人間の匂いが付かないよう、手袋は必須です。

母フェレットは産後、体力が落ちています。感染症にもなりやすいので、環境はできるだけ清潔に、温度や湿度にも気を配って下さい。

 

 

フェレットの育児

母フェレットはおっぱいが8個ありますが、全てがちゃんと母乳が出るわけではありません。

母乳が満足に飲めず、弱ってしまう赤ちゃんがいれば、思い切って人工哺育に切り替える必要があります。

 

しかしフェレットの人工哺育は難しいのが現状です。とても小さく、体力が持つかが問題なのです。

授乳期は妊娠期と同じで高タンパク高脂肪を心がけて餌やりしましょう。

 

普段のフードに少しの卵黄、鶏肉を加えるのもいいです。

離乳食は生後4週間目からで、ドライフードをお湯でふやかしたものを与えましょう。

どの子も同じ量を食べられるように配慮してください。

 

 

人工哺育

母フェレットの母乳にちかいのはゴートミルクです。少し薄めて35度に温めて与えてください。

スポイトを使って鼻や喉に詰まらせないよう、少しづつ与えます。

 

欲しがるだけ飲ませて、最後にゲップをさせたら完了です。1日に10回繰り返し行う根気が必要です。

自力で排泄できるまでは湿らせた布で股間をマッサージして、排泄を促しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す

*