飼いやすい猫の種類ランキング10|人に懐きやすい猫たち

2017年8月1日

猫といえばツンデレなイメージが強いですが、種類や性格によってはなつきやすく、そばによってきてくれることも。

今回は飼いやすい猫の種類ランキングを紹介します。

 

 

飼いやすい猫の種類ランキング

1位:ジャパニーズ・ボブテイル

出典:driven by cats

日本で生まれた三毛猫を海外から逆輸入したものがこの種類です。

元々体質が日本の気候にあっているので、体が丈夫で病気になりにくいのが飼いやすいポイントです。

 

家族思いで愛情深い性格ですが、他人には人見知りをします。

運動量は多くないので、キャットタワーを準備しなくても室内で飼えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

2位:アメリカンショートヘア

活発で人見知りせずあっけらかんとした性格のアメリカンショートヘアは猫とたくさん遊びたい人向けです。

好奇心旺盛でじっとしていられません。たまには行き過ぎてイタズラをしてしまうこともあるでしょう。

 

しかし、しっかり遊んであげればストレスを溜めにくいので、性格的には扱いやすい種類です。

短毛で、シャンプーやグルーミングの手間がかからないのも、飼いやすいポイントです。

 

 

3位:メインクーン

体長1メートル以上になることもある大型の猫ですが、長い被毛と飾り毛でさらに大きく見えますね。

大らかで優しい性格をしており、子供とも上手くやっていけるようです。

 

優しい巨人という呼び名もあるように、どっしりとした風格に何処か包容力を感じる猫です。

また、高い適応力をもっており、犬などの他のペットとも同居できるのは大きなポイントです。

頭も良いので、新聞紙を持ってくることもできるようになるそうです。

 

 

4位:シンガプーラ

出典:P-sepia

体毛が短く、お手入れとお掃除が楽な種類です。

性格は遊び好きで人懐こいですが、神経質な面も持ち合わせているので、他のペットとの共存は避けましょう。

 

食事量が少なく、鳴き声が小さいのが利点で、集合住宅でも飼育できます。

飼いやすいポイントは、体の小ささにあります。

 

成猫になっても2〜3キロと、普通のサイズの猫と比べて半分ほどしかありません。

だっこに力がいらないので、力の弱い女性や老人にもお勧めですね。

 

 

5位:ブリティッシュショートヘア

顔も体も丸っこく、愛嬌のある出で立ちをしています。

この品種も声が小さく、大人しい物静かな性格です。

 

のんびりしており、あまり構い倒されると嫌がってストレスを溜めてしまうことがあります。

また、来客が多いなど騒がしい環境においては向いていません。別の部屋に移動させるなどの工夫が必要になります。

 

意外にも良く食べ、よく遊びます。筋肉質な体型を維持する為、高タンパク高カロリーな食事を好むようです。

遊んであげるときは思いっきり運動させてあげましょう。

普段は独立心が強く、環境適応力もあり、ひとり遊びも得意と、あまり手間がかからないのが飼いやすさのポイントです。

 

スポンサーリンク

 

6位:ノルウェージャンフォレストキャット

出典:Dorry Mama Cat’s

耳の先の飾り毛がワイルドな見た目ですが、性格は穏やかで忍耐力があります。

その為、加減が難しい小さい子供の相手もできるようです。

 

頭も良く、躾にも困りません

寒い地方の原産なので暑さには弱いですが、寒さには強く、寒冷地では飼いやすいでしょう。

 

豪華な被毛ゆえに、お手入れや抜け毛の問題は大きいですが、大らかなでひょうきんなところがある性格、フレンドリーでスキンシップも大好きなところが、お勧めのポイントです。

 

 

7位:ラグドール

抱っこしたい人にはうってつけの種類です。

ぬいぐるみのでような見た目で、スキンシップが大好きな猫なので、だっこされても嫌がりません。

 

狩猟本能が薄れている為か、爪を出すこともあまりないようです。子供にもお勧めですね。

声も小さく、お腹が空いた時に鳴くくらいで殆ど声を出しません。

 

運動量も多くないので室内飼いに向いている種類と言えるでしょう。

帰巣本能が強いので、引越しが多い方は注意が必要です。匂いがついたものを移すなどの対策をした方が良いです。

 

 

8位:ロシアンブルー

飼い主さんに従順で賢く、殆ど鳴かないので物静かな大人しい猫です。

お留守番も得意なので、日中仕事や学校などで外出が多い方でも飼いやすいでしょう。

 

反面、神経質で飼い主さん以外には懐かず、多数の人が出入りする場ではストレスで吐いてしまうこともあります。

他のペットとは同居できませんが、信頼した飼い主さんだけに見せる甘える姿は、ロシアンブルーの魅力がたっぷりです。

 

 

9位:スコティッシュフォールド

温和な性格、人見知りをしない、甘えたがりなところが人気です。

運動量が少なくて済むことも、飼いやすいポイントのようです。

 

耳が垂れているのが特徴的な種類ですが、遺伝により立ち耳のスコティッシュフォールドも多く存在します。

一般的には耳が垂れている方が外見的な人気がありますが、立ち耳の方が先天的な病気が少ないとされているので、飼いやすいという観点では立ち耳の方が良いでしょう。

 

 

10位:マンチカン

出典:【キャットファーム大谷】

短い足でおなじみですが、可愛い見た目とは別におすすめポイントがあります。

それは、意外にもお留守番が得意ということ。

 

日中、仕事や学校で留守をしがちでも、1人でいることがそれほど苦ではないので、他の種類ほど寂しがらせずに済むのです。

遊び好きで甘えん坊な性格をしており、帰宅した飼い主さんにじゃれつくこともしばしばあるようです。

 

足が短くとも走るのは早く、小回りが利いてさながらスポーツカーのようだと称されます。

社交性もあるので猫の多頭飼いにも適応でき、2頭目をマンチカンに指名すると上手くいく事が多いようです。

スポンサーリンク

Posted by ペット