コザクラインコの種類とカラー|品種別の色・価格・珍種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カラフルで、いろいろな色変わり品種がいるコザクラインコ。ブリーダーさんの努力により新しいカラーが日々作出され続けています。

今回はコザクラインコの代表的な色や珍しい色、販売価格をご紹介します。(ブリーダーさんやペットショップにより呼び方やカラーの分類の仕方に違いがあります。)

 

 

コザクラインコの種類とカラー

グリーン系

ノーマル

出典:THE INFORMATION OF 『H2 TOYOSU』

野生のカラーで、ペットショップでも最もよく見かけます。

顔が赤、額はさらに濃い赤、体が緑、腰が青でとてもカラフルです。

販売価格は6000円〜1万円程です。

 

スポンサーリンク

 

アメリカンイエローパイド

出典:Yahoo!きっず図鑑

ノーマルに、黄色のまだら模様が入った品種です。

黄色の入り方は一羽一羽違います。タイガーチェリーという俗称で呼ばれることが一般的です。

販売価格は8000円〜12000円程です。

 

 

ダークグリーン

出典:ドキドキペットくん

体の色がノーマルよりも濃い緑色で、腰の青もノーマルよりも濃くなった種類です。

販売価格は8000円〜1万円程です。

 

 

オリーブ

出典:k2c 小さな小鳥

ダークグリーンよりさらに濃い色で、体はオリーブグリーン、腰はグレーがかった青です。

販売価格は8000円〜1万円程です。

 

 

レッドサフィウション

出典:DE BOO AVIARY

ノーマルに赤い差し毛が入った珍しい種類です。レッドチェリーとも呼ばれます。

しかしノーマルで肝臓疾患の子も同じように赤い差し毛が入りますので見極めが難しいです。

とても珍しい品種なので、ほとんど流通していません

 

 

イエロー系

オーストラリアンシナモン

出典:ひごペットクラブ

顔と額が赤、体が黄緑がかった黄色、風切羽はシナモン色、腰は薄い青です。

目はブドウ色です。遺伝の関係で、オスはほとんど生まれません。オーストラリアンイエロー、ゴールデンチェリーとも呼ばれます。

販売価格は9000円〜15000円程です。

 

 

アメリカンイエロー

出典:LOVEBIRD福岡-インコや小動物の販売専門店-

顔と額は赤、体はからし色のような黄色に黒っぽい模様が入ります。

風切羽、腰は白っぽい色です。黒目です。オーストラリアンシナモンと共に、ゴールデンチェリーとも呼びます

(オーストラリアンシナモン、アメリカンイエロー、ほとんど見られない品種のジャパニーズイエローの3種のことをまとめてゴールデンチェリーと呼びます。)

販売価格は9000円〜15000円程です。

 

 

アメリカンシナモン

出典:LOVEBIRD福岡-インコや小動物の販売専門店-

顔と額が赤、体がシナモン色、風切羽もシナモン色、腰は青です。

風切羽の色がオーストラリアンシナモンよりも黒っぽいです。

販売価格は9000円〜15000円程です。

 

 

ルチノー

出典:** 青い鳥 **

額と顔が赤、体が黄色、風切羽が白、腰が白または白っぽい水色です。

赤目です。ゴールデンチェリーと似ていますが、目の色と腰の色で見分けられます。

販売価格は9000円〜15000円程です。

 

 

クリームルチノー

出典:www.yumeyume.sakura.ne.jp/off-26.htm

顔が白、額があんず色、体がクリーム色、風切羽と腰が白です。

赤目です。ルチノーを全体的に淡くした色合いです。

販売価格は9000円〜15000円程です。

 

 

アルビノ

出典:ペットのデパート東葛本店ブログ

数年前まではコザクラインコの全身真っ白な個体は現れておらず、クリームルチノーの額も白いものがアルビノと呼ばれていました。

しかし近年全身真っ白な個体も現れ、ピュアホワイトと呼ばれています。

 

販売価格はクリーム色のアルビノの場合は15000円〜3万円程、ピュアホワイトは35000円〜10万円と非常に高価です。

新しい品種のため、まだあまり流通していません。

 

スポンサーリンク

 

ブルー系

ダッチブルー

出典:いんこだより

顔が白、額があんず色、体がターコイズブルー、腰がブルーです。ブルーチェリーとも呼ばれます。

販売価格は7000円〜13000円程です。

 

 

コバルト

出典:ナガシンからのお知らせブログ

ダッチブルーよりも体の青が濃く、翼は緑がかった青になります。

販売価格は11000円〜13000円程です。

 

 

モーブ

出典:LOVEBIRD福岡-インコや小動物の販売専門店-

顔が白、額があんず色、体がウグイス色のようなグレーで、腰はグレーがかったブルーです。

販売価格は7000円〜12000円程です。

 

 

シーグリーン

出典:LOVEBIRD福岡-インコや小動物の販売専門店-

ダッチブルーよりも額のあんず色が淡く、体は青味がかった緑色です。とても人気のあるカラーです。

販売価格は11000円〜13000円程です。

 

 

バイオレット

出典:k2c 小さな小鳥 トレーニング中の一枚

他のブルーカラーの種類の、ブルー部分が紫色になったものです。

ホワイトフェイスコバルトにバイオレット遺伝子が入ると、顔以外全身がバイオレットになり、ホワイトフェイスコバルトバイオレット、バイオレットチェリーと呼ばれる人気カラーになります。

色により販売価格は異なりますが、11000円〜17000円程です。

 

 

コザクラインコの特殊な種類とカラー

ホワイトフェイス

出典:ドキドキペットくん 

ブルー系やイエロー系の品種で、額のあんず色がなくなり、顔全体が白になったものです。

ホワイトフェイスモーブ、ホワイトフェイスコバルトなどと呼びます。

体の色により、販売価格は変わります。体の色の標準価格より数千円高くなります。

 

 

オレンジフェイス

出典:PoicephalusMeyeri

グリーン系やイエロー系のカラーで、顔と額が赤ではなくオレンジ色の品種です。

オレンジフェイスノーマル(ノーマルは省略されて、オレンジフェイスと呼ばれることが多い)、オレンジフェイスルチノーなどと呼ばれます。

体の色により販売価格は変わります。体の色の標準価格より数千円高くなります。

 

 

オパーリン

出典:おぴ~@コザクラインコ(・Θ・)

顔の色は通常は胸辺りから額までですが、オパーリンは後頭部まで、頭全体に色が入ります。

腰の青い色がなくなり、腰も体と同じ色になります。さまざまな色のオパーリンが存在します。

 

オレンジフェイスオパーリン、オリーブオパーリンなどと呼ばれます。新しい品種です。

販売価格は、ノーマルのオパーリンで11000円〜17000円程です。

色変わり品種のオパーリンだと高額になります。バイオレット系のオパーリンだと3万〜10万円程の場合もあります。

 

 

パイド

出典:ナガシンからのお知らせブログ

体にまだら模様に色が入ります。さまざまなカラーのパイドがあります。

体の色とまだら模様の色合いにより見た目の印象はさまざまなです。

 

模様の入り方は一羽一羽違います。

販売価格は、体の色、まだら模様の色によりさまざまです。体の色の標準価格よりも数千円高くなります。

 

 

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した以外にも、掛け合わせにより数え切れない程の色のコザクラインコが存在します。

名前がついていないような複雑な色の子も生まれてきます。今後もコザクラインコのカラーバリエーションは増え続けそうですね。楽しみにしていましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す

*