ペット用【贅沢水素水】の効果・比較・4つの改善できること


愛するペットにいつまでも元気でいて欲しいと思うのは飼い主として当然ですよね。しかしペットの健康の為に日頃から何か行っているかと聞かれたら、ほとんどの方はペットフードに気を遣う以外、何もしていないのではないでしょうか。

もちろんペットフードは一番大切ですが、毎日口にする水にも気を遣ってあげたらより健康的ですよね。今回は人間用としても今注目を集めているペット用の水をご紹介します。

 

 

ペット用水素水「贅沢水素水」の3つの効果

浸透力

水素は最も分子の小さい物質です。分子が小さいと言うことは、体に浸透しやすいということです。

しかも水素は水にも油にも馴染む性質があるので、細胞の中まで浸透しやすいのです。

s

ワンちゃん、猫ちゃんをはじめ多くの動物の体の大部分は水でできています。

水がしっかりと体に浸透するということは、しっかりとした体を作ることに繋がるのです。

 

このペット用水素水は、特殊技術により水素を飽和状態まで溶かし込んできます。

水素の含有量は他社製品と比べて断トツに多いのです。

さらに天然水をナノ化し、より体に吸収されやすくなっています。

 

 

老化防止

ペットたちは人間と同じで酸素を吸って生きています。

体内に取り込まれた酸素のほとんどはエネルギーを作るために燃やされ、二酸化炭素と水に変わりますが、一部の酸素は活性酸素になります。

 

活性酸素には体に必要な善玉活性酸素と、細胞を破壊したり傷つけたりする悪玉活性酸素があります。

生活習慣や食生活の乱れ、運動不足やストレスが原因で悪玉活性酸素は発生します。

 

放っておくと悪玉活性酸素にどんどん細胞が傷つけられ、老化の原因になり様々な症状を引き起こします。

ペット用水を飲ませることで、水素が悪玉活性酸素に反応して無害な水に変えて排出してくれます。

しかも水素は体に必要な善玉活性酸素には反応せず、悪玉活性酸素にだけ反応するという性質を持っているのです。

 

 

安全性

水素は無味無臭なのでペットに違和感を与えず、普通の水と同じように飲んでくれます。

また水素は厚生労働省から食品添加物として認められている物質なので、安心して与えられます。

 

水素がいくら体に良いと言っても、過剰摂取による悪影響は心配ですよね。

摂りすぎた余分な水素は吐く息から体外に排出されるので、体内に蓄積することがありません。過剰摂取を心配せずに与えることができます。

 

 

ペット用「贅沢水素水」と他商品との比較・違い

ペット用の水は他にもありますが、なんでもいいという訳ではありません。

信頼できるものを選ばないと、効果が感じられないどころか、ペットの体に悪影響を与えかねません。

94.2%が満足するおすすめの理由をお伝えします。

2

 

水素を逃さないアルミパック

水素はとてもデリケートで、空気に触れると徐々に抜けていってしまいます。

さらに水素は分子が小さく軽いので、簡素なパッケージだと購入した時にはすでに水素が抜けてなくなっていたということになりかねないのです。

 

このペット用水はアルミの4層構造のパックなので、水素を逃がしません。

さらに飲み残した場合にもパック中の空気を押し出すことができるアルミパウチなので、空気に触れて水素が抜けてしまうのを防ぐことができます。

 

 

水の飲みつきが良くなる

5

ペットに与える水は、ミネラル(カルシウム、マグネシウム)の少ない軟水が適しています

ミネラルの多い硬水を飲ませ続けると、尿路結石の原因になる為です。

 

日本の水のほとんどは軟水なので水道水を与えている分にはほとんどの場合心配いらないのですが、ペット用の水として売られているものの中には硬水のものもあります。

どの位のミネラルが含まれているのか表記されていないものもあり、与えるのは心配です。

 

贅沢水素水は軟水を使用していますので、安心してペットに与えることができます。

さらに、まろやかで美味しいとされている、日本名水百選に選ばれた熊本の白川水源系の湧水を使用しています。

水の産地まで分かることはペット用の水ではなかなかないですし、とても安心できることです。

 

公式ホームページ:【ペットの贅沢水素水】 

 

 

ペット用「贅沢水素水」で改善できること

o

毛並み・痒がる・口臭

ペットには加齢と共に様々な症状が出てきます。

  • 毛艶の低下
  • 体を痒がる
  • 口臭
  • 元気が足りない

など。

 

気になって病院で診てもらっても、特に異常なし、加齢によるのもだから仕方がない、など診断されることが多いのではないでしょうか。

病気でないのは嬉しいことですが、高齢だからと簡単に諦めたくはないですよね。

 

なんとかしてあげたいものです。そんな方は是非試してみてください。

水素の高い抗酸化力で、加齢による様々な症状を緩和してくれます。若い頃と変わらない健康な姿を取り戻すチャンスです。

 

 

散歩嫌いで運動不足な犬

j

お散歩が嫌いな子、なかなかお散歩に連れて行ってあげられない子は、運動不足が原因で悪玉活性酸素が発生しやすくなっています。

そんな子は、年齢はまだ若くても体内年齢は高齢なんてことがよくあります。

 

何も対策せずにいると、実年齢が高齢になった頃には体内年齢はさらに高齢になっています。

そんな子は若いうちから悪玉活性酸素対策が必要です。体に異常が現れる前に対策をとってあげてください。

 

 

食欲がない・偏食気味

食生活の乱れも悪玉活性酸素が発生する大きな原因です。

栄養バランスが良く、過剰な添加物を使っていないフードを食べてくれれば一番いいのですが、なかなかそうはいきません。

 

フードを変えようと思っても、普段と違うフードは食べてくれない子が多いのです。

またおやつが大好きな子も栄養バランスが乱れてしまいます。

 

普段与えているフードがペットにとってあまり良くないと感じていながらもフードを変えることができない方、毎日おやつを食べている子は、若いうちから水素水で悪玉活性酸素対策をしてあげてください。

 

 

元気がない・健康を維持したい

h

この水は薬ではないので今現在何か気になるところがある子にしか向かないということは決してありません。

現在は健康そのもの、食生活も運動もバッチリ、と言う子も、今の健康を長く維持する為に使うのはとてもいいことです。

 

異常が現れないように、万が一悪玉活性酸素が発生しても細胞を攻撃される前に水に変えてもらう為に、予防として水素水を使うのもおすすめです。

健康なうちから予防しておいたほうが、元気に一緒にいられる期間は長くなるでしょう。飼い主さんと幸せに暮らす全ての子に使って頂きたい商品です。

 

公式ホームページ:【ペットの贅沢水素水】 

 

 

贅沢水素水の高い効果を得るための与え方

このパッケージは水素を逃がしにくくできていますが、一度開封してしまうと長くはもちません。

開封後は、パウチ容器を押して中の空気を押し出し、しっかりとキャップをして保管し、なるべくその日のうちに使い切ってください。

 

コップなど水飲み容器に注いだ分は30分位で飲ませきってください。

とは言っても、無理矢理飲ませる訳にはいきませんよね。そこで無理なく注ぎたての水素水を飲んでもらう工夫をお伝えします。

m

 

 

水でフードをふやかす

ふやかしたフードが好きな子であれば、普段のフードを水でふやかして与えれば、ご飯も水も美味しく摂取することができます。

ふやかす為に水を温めたい場合、パウチごと湯せんで少し温める程度にしてください。

水素が逃げてしまうので絶対に沸騰はさせないでください。

 

 

粉ミルクを溶かす

ミルクが好きな子は、粉ミルクを水で溶かして与えてみましょう。

温める場合はフードの与え方同様パウチのまま湯せんしてください。

 

 

お散歩、運動後に

お散歩や体を動かす遊びをした後は喉が渇いているので水をたくさん飲んでもらうチャンスです。

是非このタイミングで水を飲ませてあげてください。

 

なんとなく健康状態が気になる子も、健康な子も、ペットがより長く元気に過ごせるように是非試してみてください。

 

公式ホームページ:【ペットの贅沢水素水】 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す

*