アマガエルの飼い方|飼育に必要なもの・餌・温度湿度管理

2017年2月16日

アマガエルの飼育環境の作り方、エサのやり方などについて詳しくご説明します。

 

 

アマガエルの飼い方

アマガエルは最も一般的なカエルで、ペットショップで購入するのはもちろん、田んぼや小川などでも自分で捕まえることができ、手軽に飼うことのできるカエルです。

最近は、カエルの飼育環境としてもそうですが、ひとつのインテリアとしてケージ内の見た目にこだわる方も多いです。

おしゃれな植物や、LED照明などにこだわってみると、素敵なビバリウムになって見た目にも楽しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

飼育に必要なもの

プラorガラスケース(フタ付き)

アマガエルは木の上を生活場所にするカエルなので、ケージははなるべく高さがあるもの(30センチ以上)で、おすすめは掃除などのときに軽く持ち上げやすいプラケースです。

ガラスケースだと、プラケースよりも高価ですがおしゃれな見た目になります。

 

脱走防止のために、かならずふた付きのものを使用します。

※スライド式のふたではスライド部分に入り込んで怪我をしたり、死んでしまう可能性もあるので、必ず上下に開け閉めができるようなふたのものを選んでください

通気性を重視するのであれば、網状のものを置くのでも良いです。

 

 

床材

赤土か鹿沼土か、腐葉土がベストです。

濡らした新聞紙やキッチンペーパーでも代用可能ですが、高温多湿な環境のためカビが生えやすくなります。交換はこまめに。

※園芸用の腐葉土には、殺虫効果のある成分が含まれていることがあります。よく確認の上使用してください

 

 

水場

プラケース内には水を入れられるような深さのある容器を置き、水浴びなどができる水場をつくります。

水はカルキを抜いた水を使用し、蒸発に注意します。

汚れている・いないにかかわらず、常に清潔なものを用意してあげてください。

 

 

観葉植物

本来生活していたであろう自然の環境を再現するため、観葉植物などを置きます。

ケースの中に植物があるとやはり落ち着くようで、枝の上や葉の上でのんびりとまどろむ様子が見られますよ。

 

植物はペットショップにも売られていますが、川や沢などで実際に生えている水草や小枝を使うと、より自然の再現性が高まります。

また、アマガエルのような樹上生のカエル(ツリーフロッグと言います)には、木登りができるよう大きめの木を立ててやります。

植物はカエルの尿で枯れることがあるので、小まめに洗ったり新しいものに交換したりすることが必要です。

 

 

湿度温度計

後述する、湿度と温度管理のために必要です。

ペットショップには飼育用・ビバリウム用の湿度温度計が売られています。

~2000円位で購入できる、デジタル表示のものが一目で確認できて見やすいのでおすすめです。

 

 

照明

アマガエルには光は必要ありませんが、植物が枯れてしまわないよう、ある程度の照明は置いたほうが良いです。

照明なしの場合は、パキラやポトスなどの日陰でもよく育つ植物を入れ、定期的に部屋の中の日が当たる場所に置くなど工夫しましょう。

 

 

・温度湿度管理

温度は22~27度に、湿度は75~85%に保ちましょう。

冬場は飼育用のパネルヒーターを使用するなどして温度が下がりすぎないように配慮します。

 

カエルが湿った床材の近くや、水場にいることが多くなると、ケース内の乾燥のサインです。

ケース内の空間に霧吹きするなどして湿度の調節をします。

※この時、霧吹きが直接カエルにかからないよう気をつけましょう

 

スポンサーリンク

 

・餌の与え方

基本的には生きたエサしか食べません。

 

コオロギ

生きたコオロギを、1日1~2匹を目安に与えます。

外で捕まえることができればお金がかかりませんが、難しければペットショップで購入できます。

 

与えるときは脱走やカエルへの反撃を防ぐため、足をとってからケース内に放します。

※捕まえたり購入したコオロギは、繁殖させればエサ代がかからず経済的

 

ハエ

ハエであれば1日に2~3匹が目安です。

ハエは、餌用の飛ばないものがペットショップにも売られていますが、ペットボトルにバナナやめんつゆを入れておくと簡単に捕まえられます。

 

 

ピンクマウス

冷凍ピンクマウスは、栄養満点ですが与えすぎないように気をつけましょう(2週に1~2回位で良い)

 

 

ビタミン等

ビタミンやカルシウムなどの粉が売られているので、エサにまぶしてやると嗜好性が上がるので食いつきも良くなりますし、栄養バランスにも配慮できます。

※生餌がないときは、市販のエサをピンセットなどで細かく揺らすなど、動きをつけると興味を持ちます

※エサの与えすぎによる消化不良には気をつけましょう

 

  • ケースは、直射日光をさけ、風通しがよく涼しい場所に置きます。
  • 夏場は暑すぎる場所に置いておくと、干からびて死んでしまうこともあります。
  • アマガエルは皮膚に毒を持っています。触った後には、必ず手洗いをしましょう。
  • 大きさに差のあるカエルや、別の種類のカエル同士を複数飼いする場合には、ケースを分けないと共食いしてしまうことがありますので注意しましょう。
スポンサーリンク

Posted by ペット