チンチラの繁殖|交尾・妊娠出産・発情時期・子育てについて

2017年2月20日

チンチラの繁殖は、相性が大切です。雌より雄の方が年上のほうが、成功率は高いようです。相性が悪いと喧嘩したり、雄が攻撃されることが多く、最悪の場合命に関わる怪我をすることもあります。しっかりお見合いしてから、同じゲージにしましょう。

また、雌は生後6ヶ月までに初産を経験しなければ恥骨が結合してしまい、その後は帝王切開でないと出産できないようになってしまいます。これらを踏まえて、安全に繁殖させる為にどうしたら良いか、紹介します。

 

 

チンチラの繁殖

お見合い

最初から一緒にペア飼いしている場合以外は、いきなり同じゲージに入れるのは絶対に避けてください。

まずはゲージ越しにお互い興味を持つか、観察します。

 

透明なケースやゲージを隔てて隣り合わせにさせ、匂いを嗅いだりしてお互いを認識させます。

巣箱や砂浴びケースを丸ごと交換して、お互いの匂いに慣れさせるのも有効です。

 

スポンサーリンク

 

 

チンチラの交尾と発情

チンチラの雌は生後約4ヶ月から30日〜50日周期で発情を繰り返します。

雌の生殖器が大きくなり、粘液のようなものが出ていれば発情しています。

 

雄は生後6ヶ月から繁殖できるので、この時期に広いゲージで一緒にしてみます。

雄が雌に攻撃されることが多いので、逃げ込める場所を作り、飼い主さんも様子をよく見ておきましょう。

 

マウントしても必ず交尾をしているわけではありません。力関係を示す為に雌がマウントすることもあります。

そうした行動の後、落ち着きを取り戻したら相性は良いということになります。

 

しばらく一緒に飼育して、妊娠を待ちましょう。

雌の生殖器に膣栓というものができます。

 

雄の分泌液が白い塊になり、雌の生殖器から精子が流れ出るのを防ぎます。

暫くすると自然に抜け落ちますが、それが見られたら交尾、妊娠している可能性が高いです。

 

 

チンチラの妊娠

チンチラの妊娠期間は約100日〜120日と開きがあります。

出産する赤ちゃんの数に左右されるようで、一度に1匹〜6匹を出産します。

 

雌が妊娠しているかどうかを確認することは難しいですが、おっぱいが目立ってくる、30日〜50日周期の発情がなくなる、体重が増加する、食欲が増えてよく寝そべる、お腹がふっくらしてくるなどの兆候で判断してください。

 

妊娠期間はチンチラフードを多めにを与えて、牧草は栄養価の高いチモシーにすると良い様です。

出産数日前からは砂浴びボックスごと撤去して、出産に備えましょう。

 

また、雄と同じゲージに飼育している場合は雄を別ゲージに移動させて、ストレスなく安全に出産できるように環境を整えます。

巣材は牧草を多めに敷いて、汚れたところを取り除くようにしてください。

 

 

チンチラの出産

何らかの理由で、産道の途中の赤ちゃんが引っ掛かってしまい時間がかかると、赤ちゃんは窒息してしまいます。

それだけでなく、出血や疲労で母チンチラも命を落としかねません。

 

母チンチラは命をかけて出産に臨みます。できるだけ静かに見守ってください。

チンチラは巣箱の中で出産するとは限りません。

 

それどころかゲージのどこにでも産んでしまうので、飼い主さんが生まれた赤ちゃんを拾い上げ、巣箱に入れて母チンチラのゲージに戻してあげなくてはいけません。

大抵の小動物は赤ちゃんに人間の匂いが付くと子食いをしたり、育児放棄をしたりしますが、チンチラはそういったケースは少ないようです。

 

 

信頼の置ける飼い主さんなら、出産や育児の手助けができるという点では、世話がしやすいと言えるでしょう。

数十分の間隔で陣痛が起き、1匹づつ出産します。

 

生まれた赤ちゃんは膜に包まれているので、母チンチラはそれを破り、体を舐めてやります。

赤ちゃんを全て産み終えると、母チンチラは最後に胎盤を出します。

 

その胎盤をバリバリと食べることで、母乳が出るようになります。

出産に伴う出血で牧草が汚れてしまったら、様子を見て新しいものと代えてあげましょう。

 

スポンサーリンク

 

チンチラの子育て

生まれた時から赤ちゃんには毛が生えて歯もしっかり生えており、暫くすると動き始めます。目は生後1日目に開きます。

妊娠期間が長いので、母体の中でしっかりと育って生まれてくるようです。

 

その為、赤ちゃんの成長は早く驚きます。

しかし、赤ちゃんが多い場合母チンチラの母乳が足らず、満足に飲めない赤ちゃんが成長不良になってしまうケースも少なくありません。

母チンチラには六個の乳首がありますが、すべて母乳の出がいいわけではありません。

力が弱い子や体の小さな子が母乳にありつけていない様なら、思い切って人工哺育に切り替える方法も考えましょう。

 

母チンチラが嫌がらなければ、ミルクだけ飼い主さんがあげて、それ以外は母チンチラの元に戻すという方法もあります。

生後約6週間までは母乳を必要とします。その間に親の餌に興味を持ってかじる様になります。

 

完全に離乳するまでは、餌と母乳の両方を十分に与えましょう。

一度に2匹以上生まれた場合、母チンチラは特定の弱い子を淘汰しようとする事があります。

 

自然界においては仕方のないことですが、飼育下では無事に全員育つこともありますので、様子を見て飼い主さんが保護してください。

離乳が終われば、里親に出すこともできます。

スポンサーリンク

Posted by ペット