チンチラの種類|毛色(カラー)・販売価格・特徴は?

2017年10月22日

日本で入手可能なチンチラの色(カラー)の種類と、日本では見られないとても珍しい品種のチンチラの種類、販売価格、画像、種類ごとの値段、写真、特徴などについて。

珍しいペットとして人気のチンチラ。一般的なカラーでも十分珍しいペットですが、チンチラには様々なカラーがあり、希少で高価なものもいます。

 

チンチラの毛色(カラー)の種類

 

チンチラのグレー系の種類

スタンダードグレー

出典:ロイヤルチンチラ

一般的であり、人気のあるカラーでもあります。全身が青灰色です。胸元からお腹は白っぽい色で、濃淡には個体差があります。

目の周り、鼻先も色が薄い場合があります。グレーと呼ばれることもあります。

販売価格は20000〜35000円です。

 

スポンサーリンク

 

チンチラのブラック系の種類

・ブラックエボニー

出典:スプラッシュ

全身が真っ黒な種類です。黒光りして見えます。

個体により、耳や胸元の色は明るめの黒の場合もあります。真っ黒な程、値段は高くなります。チャコールと呼ばれることもあります。

販売価格は50000〜70000円です。

 

 

・ブラックベルベット

出典:ペットショップdingo(ディンゴ)

全身が黒ですが、胸元からお腹の毛は白です。白い毛が混ざるのでブラックエボニー程黒くありません。

耳は暗いグレーに近い色、尻尾には白い毛が混ざります。スタンダードグレーの色を濃くしたような印象です。販売価格は40000〜55000円です。

 

 

チンチラのブラウン・ベージュ系の種類

・シナモン

出典:熱帯倶楽部

全身が薄茶色の種類です。グレーやブラックと比べかなり明るい印象になります。目はブドウのような濃い赤です。

販売価格は25000〜40000円です。

 

 

・ベージュ

出典:ジャパスト

体の色はシナモンと同じですが、黒目の種類です。目の色だけでシナモンとだいぶ違う印象になります。シャンパンとも呼ばれます。

販売店によってはシナモンとベージュを区別しない場合もあります。販売価格は30000〜50000円です。

 

 

・ブラウンベルベット

出典:【ひごペットららぽーとEXPOCITY店】

体が艶のあるベージュがかった茶色、胸元からお腹は白です。

販売価格は45000円〜60000円です。

 

 

・ブラウン

出典:熱帯倶楽部

ブラウンベルベットよりも濃い茶色です。色の濃さにより、ライトパステル、ダークパステル、タンと分けて呼ぶこともあります。

販売価格は50000〜65000円です。

 

 

チンチラのブルー系の種類

・バイオレット

出典:ジャパスト

青紫色の高級感のある毛色です。耳は黒っぽい場合もあります。お腹は白です。とても綺麗な色で、希少な種類です。

販売価格は65000円〜90000円です。

 

スポンサーリンク

 

サファイア

出典:マリンの日記

薄いグレーにうっすらと青が入るとても綺麗な色です。暗い青にも見えます。お腹は白です。お腹も体と同じ色になったものをチャコールサファイアと分けて呼ぶこともあります。

黒目と赤目の子どちらもいます。とても希少な種類です。販売価格は10万〜13万円です。

 

 

チンチラのホワイト系の種類

・シルバーパイド

出典:フィールドガーデン

体の毛は白く、頭や背中にシルバーが混ざります。シルバーの色の入り方は個体によりさまざまで、色の入り方で値段も大きく変わります。耳の色も個体により違います。

販売価格は55000円〜85000円です。

 

 

パール

出典:ひよみ堂

白い毛に、全身にシルバーの毛が不規則に混ざります。シルバーの入り方は個体によりさまざまで、色の入り方で値段も変わります。

モザイクホワイト、シルバー、シルバーホワイトとも呼ばれます。販売価格は45000〜65000円です。

 

 

アルビノ

出典:ティファンの森

全身が真っ白で、赤目の品種です。耳の毛も白で、地肌が透けてピンクに見えます。好みが激しく分かれてしまう種類です。

ルビーホワイトとも呼ばれます。販売価格は60000円〜75000円です。

 

 

ピンクホワイト

出典:ペットメイト西宮店の生体ブログ

全身白ですが、毛先のみベージュです。クリーム色に見える場合もあります。耳はピンク、赤目の品種です。

販売価格は65000〜80000円です。

 

スポンサーリンク

 

ホワイト

出典:有限会社プラスト

全身が白で、黒目の品種です。耳や手足の先が黒になる場合もあります。希少です。ピュアホワイト、ウィルソンホワイトと呼ばれることもあります。

販売価格は85000〜10万円です。

 

 

チンチラのとても珍しい種類

海外には個体数が非常に少ない珍しい品種、最近作られたばかりの新しい品種のチンチラも存在します。

日本の一般家庭で飼育できるようになるのはまだまだ先になるかも知れませんが、チンチラファンにはたまらない種類たちをご紹介します。

 

ゴールドバー(ロウ)

出典:ロイヤルチンチラ

かなり珍しい種類です。

 

 

アンゴラ

出典:イベニア

 

 

カール

ふわふわの毛並みがカールの特徴。

 

 

日本ではチンチラはまだまだマイナーなペットなので色の分類はあまり細かくされていませんが、チンチラが一般的なペットとして飼われている国では、さらに細かく分類されているようです。

日本でもチンチラがもう少し一般的になれば、今まで見たこともないような色の子が出回るようになるかも知れませんね。

スポンサーリンク

Posted by ペット