うさぎの人気種類ランキング10選|品種ごとの価格や大きさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年人気が高まっているうさぎ。手間がかからない、臭いが少ない、狭いスペースでも飼えるのが人気の理由のようです。

うさぎと言っても種類により見た目や性格はさまざまです。今回は人気のうさぎの種類をランキングでお伝えします。

 

 

ウサギの人気種類ランキング

1位:ネザーランドドワーフ

  • 体重:0.8〜1.3kg
  • 価格:2〜7万円

丸い顔、広いおでこ、短い耳が特徴で、見た目の可愛さから人気No.1のうさぎです。

ペットとして飼われているうさぎの中では最小サイズで、ピーターラビットのモデルになった種類と言われています。

 

性格は臆病神経質。馴れにくい子が多いですが一度馴れるとべったりになるようです。

好奇心旺盛で活発です。 短毛種なのでお手入れはとても楽です。

 

 

2位:ホーランドロップイヤー

  • 体重:1.3〜1.8kg
  • 価格:2〜7万円

垂れた耳が最大の特徴です。顔も体も丸いうさぎです。

お手入れは楽ですが、体に比べてお尻の毛は長め。不衛生にならないように注意しましょう。

 

また垂れ耳なので頻繁に耳掃除が必要です。 性格は温厚で人なっこく、甘えん坊な子が多いのでとても飼いやすい種類です。

自己主張、縄張り意識が強いためトイレのしつけが難しいのが難点です。

ロップイヤー(たれ耳)の仲間は他にも4種います。皆温厚な性格の持ち主です。それぞれ軽く紹介したいと思います。

 

アメリカンファジーロップ

出典:価格.com

  • 体重:1.4〜2.2kg
  • 価格:3〜7万円

ロップイヤーの中で、ホーランドロップの次に人気のある種類です。

ふわふわの毛が特徴です。長毛なのでブラッシングが欠かせません。

 

スポンサーリンク

 

ミニロップ

出典:ドキドキペットくん

  • 体重 2〜3kg

ミニと名前がつきますが、ホーランドやアメリカンファジーより少し大きめです。

ロップイヤーの雑種をミニロップと称して販売されていることが多く、純血のミニロップは日本ではほとんど見られません。

 

 

イングリッシュロップ

出典:https://mobile.twitter.com/_Floche_

  • 体重:4〜5kg
  • 価格:4〜7万円

大型の短毛ロップイヤーです。耳の長さが50㎝以上になることも。とても賢い種類です。

ダンボみたい。

 

 

フレンチロップ

出典:うさぎ舎Lapin de Alice

体重は5kg、価格は約9万円。ロップイヤーの中で最大です。 短毛ですが体が大きいので手入れは大変です。人と遊ぶのが大好きです。

 

 

3位:ライオンヘッド

出典:うさぎ専門店ラッキーハート

  • 体重:1.5〜2.0kg
  • 価格:2〜5万円

その名の通り、ライオンのようなたてがみが特徴です。

たてがみは柔らかく絡みやすい毛質なので、ブラッシングが欠かせません。もしゃもしゃですね。

 

たてがみ以外の体の毛は短いタイプと、お腹の横の毛も長いタイプの2種類がいます。

人なっこくおとなしいのですが、馴れてくると自由気ままになることもあるのでしつけが大切です。ちょっと怖がりな一面もあります。

 

 

4位:ミニレッキス

出典:わんにゃんガイド

  • 体重:1.3〜2.0kg
  • 価格:3〜6万円

光沢のある短毛が特徴です。触り心地はダントツでNo.1でしょう。

毛の長さは1.5㎜と超短毛です。筋肉質で脚力が強いのも特徴です。運動が好きなので、たくさん遊ばせてあげましょう。

 

人なっこく、スキンシップが大好きな性格です。チャレンジ精神旺盛で、神経質な子は少ないようです。

頭がいいのでしつけが楽ですし、換毛期以外はあまり毛が抜けないので手のかからない種類です。

 

ミニレッキスの元となったのが、レッキスという品種です。体重3〜5kg、価格4〜7万円程です。

穏やかな性格をしています。

 

 

5位:ジャージーウーリー

出典:バニーファミリー横浜

  • 体重:1.3〜1.6kg
  • 価格:3〜7万円

丸い体に長いふわふわの毛が特徴です。毛の長さは5〜8㎝もあります。

しかし絡まりにくい毛質のため、お手入れはそこまで大変ではありません。

 

おとなしく穏やかな性格で抱っこも嫌がりません。自分から甘えてくることは少ないクールな性格でもあります。

とても賢いのでしつけもし易いです。

 

 

6位:ドワーフホト

出典:うさぎの都

  • 体重:1.1〜1.4kg
  • 価格:4〜7万

白い身体で目の周りが黒いもののみがドワーフホトとして認められ、他の色はいません。

体型はネザーランドに似ていますが少し大きめです。性格もネザーランドドワーフに似て活発なのですが、臆病な子は少なく、人懐こい性格です。

 

少々気が強い一面もあるようです。 見た目が似ている種類に、ブランデホトがあります。

ブランデホトは体重5kg程で、ドワーフホト同様、白い体毛に目の周りのみ黒です。日本での入手は困難です。

 

スポンサーリンク

 

7位:フレミッシュジャイアント

出典:ペット生活

  • 体重:6〜8kg
  • 価格:9〜13万円

飼いうさぎの中で最大の種類です。ギネス記録は20kgのようです。

耳だけで15㎝を超えることもあるとか。 動物園で飼育されていることが多いのですが、とても温厚で優しく頭もいいため、ペットとしても人気が出てきました。

しかし体が大きいので広いスペースがないと飼えません。食事量も多いので食費もかかります。

中型の犬くらいの大きさはありますね。うさぎって感じがあまりしない。

 

 

8位:ダッチ

出典:うさぎの都

  • 体重:1.6〜2.5kg
  • 価格:2万円〜6万円

顔はハチワレ模様、体は白と黒のツートンカラーの短毛種です。

パンダのような柄のうさぎです。全体的に丸い体つきをしています。

穏やかで懐きやすい性格です。日本で古くから飼われていた品種です。ダッチの雑種が流行り、純血のダッチが見られることは少なくなってしまいました。

 

 

9位:イングリッシュアンゴラ

  • 体重:2.5〜3.0kg
  • 価格:4〜7万円

全身が光沢のあるモコモコの毛で覆われているのが特徴です。

ときどき目がどこにあるのかわからなくなる程です。耳の先まで長い毛で覆われています。

 

毎日のブラッシングは必須です。暑さにとても弱いので温度管理に気を使う必要があります。

性格はおとなしく、ぬいぐるみのように動かないことが多いようです。

 

懐きやすいのですが、自分から甘えてくるタイプではありません。

アンゴラ種のうさぎは他に4種います。しかしイングリッシュ以外は全て、日本で見られることは稀です。

 

サテンアンゴラ

出典:うさぎ総合事典

体重4.0kg。柔らかく輝きのある毛が魅力です。

 

 

フレンチアンゴラ

出典:動物図鑑

体重5.0kg。イングリッシュに比べて顔まわりがすっきりしています。

 

 

ジャイアントアンゴラ

出典:うさぎ総合事典

体重5.0kg。アンゴラ種の中で最大の種類です。体毛の量が非常に多く、耳と頬に飾り毛があるのでヤギのような見た目です。

このうさぎこそ「もふもふうさぎ」ですね。

 

 

 

10位:スタンダードチンチラ

出典:うさぎ総合事典

  • 体重:3.5kg
  • 価格:3〜5万円

青灰色の美しい毛並みの短毛種です。

従順で頭がいいのでトイレのしつけも楽にできます。感情表現もとても豊かです。

 

好奇心旺盛で活発な性格です。チンチラ種は他に2種いますが、共に日本で見られることはほぼありません。

個人的にはこのチンチラがおすすめです。ネザーに似ていますが、色がものすごくきれいです。

 

 

アメリカンチンチラ

体重5.5kg。大きく丈夫な体つきで、おとなしい性格です。絶滅危惧種です。

 

 

ジャイアントチンチラ

体重7.5kg。チンチラ種で最大サイズです。子ウサギの成長スピードが速く、二ヶ月で3kgを越すこともあるようです。

いかがだったでしょうか?それぞれ種類ごとに性格が違うのがお分かり頂けたでしょうか。

 

しかし、当然その子その子の個性もありますので、一般的な性格とお考えください。

そしてうさぎさんをお迎えする際には、見た目だけにとらわれず、自分の性格と生活スタイルを考え、無理なく飼育できる子を選んであげてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク



コメントを残す

*